自覚がない=自信のなさ

大勢の前で話すことが苦手。
と言ってきてたけども
明日は企業研修@50名以上、
来週は
学校のPTA保護者向けに質問研修@約40名
高校生一学年に質問授業@250人くらい?
緊張感があるだけで、
苦手じゃないじゃん!と気づいた。
(遅いだろ!)
ご縁があるということは
そこでやること、学ぶこと、経験することがあるってことだもんね♡
{8FBB734F-FA17-475E-86E4-3DF0A218A990:01}

今日、ランチしてた時に

長男がいかに人あたりがいいか、
なぜか人に好かれて、助けてもらえて、
ラッキーなんだ!って話をしてたんだけど
『それ、りんごろさん譲りだよね?』
『りんごろさんの話だよね?って思いますよー』
『りんごろさんに似たんですよねー!』
と言われて
自覚のなさと言うか、、、
自覚したくなかったと言うか、、、
いや、その通りだ!と納得した。
所要時間3分^^;
長男も大勢の前に立つような
生徒会長なんかもよくやってた。
そしてわたしも思い起こせば学生の時は
学年代表や部活のキャプテン、
大会の選手宣誓もやったし、
常に一緒にお弁当を食べる友達が7.8人いて
笑いの絶えない学生時代を過ごしてたな。
母になっても
幼稚園、学校の役員をまーまーの頻度でやってるし
仲間がいたり
助けてもらってたりしてきてるわ。
話してるよ、大勢の前で。
(自覚足りないだろっ!)
ただ、あまりそんな風に
自分を認めてくれる人、
事実を伝えてくれる人が側にそんなにいなかったんだな。
というか
わたしだけじゃなく、
注意や気をつけた方がいいこと、
心配される方が
人の関係性においては
圧倒的に多いのかもしれないなぁと思う。
長男を生んだ時、あまりに嬉しくて
この子のすべてをいちいち認めて、誉めるんだ!
と思ったことを強く覚えてる。
そして
やぱ、仕事でも そんな在り方を伝えてる。
今日、ランチした友人も
『りんごろさんと話すと
色んなことを腑に落としてくれるので本当にありがたいです。』と言ってた。
わたしは当たり前の事実を話してるだけなんだよね。
その人に在ることを いちいち認めて、誉める。
その人たらしめるゴリヤク=価値が在るから。
明日からの研修のベースも変わらずそこでいこ。
{6D98D92D-08F2-4557-BE71-6DD2996B8E7D:01}

そして、自分も 自覚だね!
人に言う前に、だ。

—–

8月8日(土)・9日(日)
10時〜17時

7月25日(土)・26日(日)
13時〜17時

*ZOOMにて

お知らせ
 月に4〜6記事プライベートエッセイ配信中
noteマガジン 「ラブレター日記」

 Blogの更新通知を受け取る!
友だち追加

最新情報をチェックしよう!