NO IMAGE

目を閉じて、思い出して。

昔、むかーし

友達から発展する恋というものを

知らなかった。

『友達は友達』と当たり前に思っていたから。

でも

近過ぎて

気付かない

気付いて壊したくないという

感情を持った人が一人だけいる。

彼には何でも話せた。

いや

話してしまう、そにままでいれた

ただそれだけ。

でも何も築かれなかった。

それだけ

だと

思う

今はね。

彼を

自然に思い出さなくもなった

そこにかかった時間は

10年。

これも

生きて行く

いうことだと

思う。

ペタしてね

—–

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!