NO IMAGE

気付いて欲しい発信。

私が物心ついた頃には

父は入退院を繰り返し

母が懸命に昼夜なく働いていた。

なので母に対して

話しを聴いて欲しいなんて言うことも出来ず

ただ毎日を過ごしてきた。

だけどいつも心には

『お母さんにだけは心配をかけたくない』と

思ってきた。

好きな様に過ごさせてもらってもいたんだけど(オイッ)

きっと母なりに

普通の子の様にさせたいと考えてくれていたんだろうと

今なら解る。

夜に母がいない事に関して

『寂しい』と思った事はなかった。

きっと姉が居たからだと思うし

母はそう感じさせない愛情を送り続けてくれていたんだとも思う。

満足は出来てなかったけども

(当時を振り返れば)

私が送る発信は捉えていてくれたのね、きっと。

そんな風に育った私も

子ども達3人を育てていて

思うことがある。

どんなに時間がなくても

合う時間がすれ違っていても

伝えたい事

子どもの発信に気付く事

受け止める気持ち

あれば

子どもには伝わっていくのではないかと・・・

逆に

どれだけ同じ時間を過ごしていても

そこがバラバラであれば

子どもは自分を肯定出来ないのではないかと・・・

思春期を迎えた長男君の話しを聴いていたら

そこの掛け違いが

大きく左右するのではないかと

常々感じてしまう。

成績や個性へのジャッジではなくて

あなたは成長しているという

そのものへの気付きだけで

ただそれだけでいいのではないかと感じる。

だって

私が一番気付いて欲しくて

見て欲しかったことは

それだけだったと思うから。

ペタしてね

—–

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!