NO IMAGE

娘が言った「誰にでも闇はある」

ちょっと娘にやられちゃった!
あ、いい意味でね。

一昨日、娘と話した時間が
わたしの心を溶かしていきました。

実は、4月の熊本の地震から少し気づきはじめたというか、、、
わたしの中にまだ残ってある「死」や「別離」への悲しみ。

それが最近ふくらんでいるような気はしていたの、、、ね。

でも、なんとなく見ないフリをしてたり
意識をしないようにしてたんだけど
長男とケンカしたことで
泣けて泣けて涙が溢れでて とまらないくらい泣けたことで
少しホッとしたというか、、、

たまっていたものが出た感じがした。

その後に娘が言った。
ママ、ひとりで抱え込んだり、
ひとりで解決しようとするのは
そばにいて悲しいからやめてね。

その言葉がまた わたしを救ってくれた。

人に迷惑をかけずに、自分でやりなさい。
これはよく言われてきたけどねぇ

ひとりで抱え込んだり、
ひとりで解決しようとするのは
そばにいて悲しいからやめてね。

わたしが子どもたちに言ってきたこと。
それを反対に言われるなんてね。
思ってもなくて嬉しかったなぁぁぁ

娘も もう 十分に育ってるな。
大切なことを大切にしてる。

それもまた嬉しかった。

そしてこうも言ったんだよね。

にぃにぃは男だから、女とはまた違うんだよー
誰にでも闇はある。
でも、男の方が闇のこと、そっと聞いてほしいんじゃない?
女って友達に話せるけど、男は誰にも話さないからね。
寂しがりやん?

娘の方が立派であーーーる。

人は、そばにいる人と癒しあえるね。
わたしを癒してくれてありがとう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!