NO IMAGE

右から左の使い方。

狭い、幼稚園児を持つ母
という世界の中で(女の世界かな?)
色んな気持ちがうごめいていて
みんな自分を確立しようと
慌ただしく動く
この年度初め。

私はいつもここでは
一歩引く。

だって
年度の終りが近付くにつれ
かなり人間模様も変わっているもんねぇ。

みんなある意味それぞれの位置で必死なんだよね・・・

私は
どんな風に言われようが
噂が流れようが
生き方は変わらないから
一定だし
右から左。
時々稀に自分の中で
ヒットしてしまう言われ方もあるが
これも
私の生き方を変えるものではないから
結局のところ
右から左。

だからだろうね。
噂を流してたり
色々言ってる人も
直接は何も言っては来ない。

それをも冷静に見ている。

「りんごろは人見知りだから
 誤解されやすいよー」って
たまに人には言われるが
それって
私がどう考え見てるかをほとんど話さないし
理解出来ないから
『人見知り』と位置づけて
結論を出そうとしてるだけだと思う。

それにも何とも感じない。
右から左。

分かって欲しい人には
日頃から何でも話してるっちゅーの!
下らない事までね(笑)

これが私の生き方。
その生き方を変えてくれる程の人は
私を理解してくれているし
決して『人見知り』で解決しない。

一定の気持ちと
あとは
右から左。
これが
自分の守り方なのかもしれない。

ペタしてね

—–

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!