NO IMAGE

人生はタイミング。

姉から連絡があった。  
『お母さんに逢って来るね。』と。

うちは末代まで女ばかりで
そんな事も色々考え
母は永代供養をと思ってご先祖様をお寺に預け過ごしてきたようだが
何年か前に
急に『お墓』を建てると言い出した。
姉は反対したのだけど
私は
母が皆と一緒にと、様々な事を考え
それが母の出来る事、したい事なんだと考え
反対せずに
『お母さんがそう考えたのなら、それでいいよ』と話した記憶がある。

まさか自分の建てたお墓に一番に入るとは思ってもなかっただろうが
実際はそうなってしまった。
母の納骨の時に
母の母(私から言えばお婆ちゃんね)もお墓に納める事が出来たのだが
母の父は書類上等の関係で時間がかかってしまい
今回やっと時間に差があったのだが納骨出来る段取りとなった。
本来なら私もそこへ向かいたい気持ちはあったが
今日は娘ちゃんの『運動会』と重なり
私は行けずじまい・・・
母の最も信頼していた(長女の)姉と
母の弟が行ってくれる運びとなりました。

正直な気持ちは
私もお母さんに逢いたかったぁって思う。
でもここは姉達に任せて
私は今あるべき事をやるしかないって考えて
娘ちゃんの初の『運動会』を見守ってあげようと思い直した。

人生はタイミングかもしれないね~。
その時を待つ。
それも大事なのではないかと・・・
無理にタイミングを合わせようとしても
それは無理な上での事であって
きっと
自分のタイミングで合う日が来るのを待つって事も大事なのかもね。
だから
姉に託して
お願いしようと考えられました。

今、母に逢えたとしても
私が伝えたい言葉は一つ。
『ありがとう』だけです。
その言葉は
いつか母に逢える時に
自分で伝えようと思います。

—–

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!