NO IMAGE

ブタも炬燵で丸くなる。

寒かったり、暖かかったり

天気落ち着かなくて

着るものも日々違って困りますうっ

コートはクリーニングに出しちゃったし

上着に悩む。

子ども達はね、幼稚園の方針で小さい頃から

常に薄着で過ごしたから

冬の間も薄着で大丈夫なんです。

これって健康的で私は良い!と思っているんだけど

関わる大人が(先生等)

「もう少し服を着せた方がいいのでは?」とか言うのよね。

そりゃ、寒そうにしてる時もあるだろうけど

こどもだってバカじゃあない!

自分が困るくらいなら着ていきますよって。

「着た方がいい」とこどもに言い続けるのを止めて欲しいなぁ

そうインプットされていくではないかー。

=(イコール)親がかまってあげてないみたいな捉え方も

ホンッと必要ないですから。

だからね

4月になると家庭訪問だとか、先生と話す機会があるから

初めにこっちからインプットしていくことにしたの、先生に(笑)

やわらかく伝えてますよ

親としてどう接しているか、どこを大事に育てているかを

盛り込んでね。

こんな話しは得意です。

最終的に「お世話になります」までつなげます。営業トークか?

先生も一年間、個性を見てくれるようになるから

大事な時間となるわけです。

数少ない先生との時間は(懇談とかも)有効に使いますポイント

それにしても寒くて

まだ炬燵に潜り込む私。

ここで「あれ、寝ちゃった!」となった時が

至福の一時ハート

キビキビ動くためにも、いい天気になぁれっ四つ葉

—–

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!