ココロの奥の交じり合い

{D9799AD6-CE5B-4AB4-ADC7-A39F73BC73C2:01}

子ども達が

自由すぎで、喋りすぎで、

頭に閃いたことをすぐにやり始めては

さっきまでやっていたことは放りっぱなしで

ほんと、何度言っても聞いてなくて

『こんなにできた!』と自分をアゲる天才で(笑)

3人のうちのひとりくらいは

違うタイプがくるかなーと思ってみたけど

我が子は、自分道。さ

一瞬にも夢中なんだ!と思います。

楽しい時はいいのだけど、

落ち込んだ時なんて地獄に落ちたような暗さを醸し出し

それを共有してほしそうにため息まじりで寄ってくる。

こっちが地獄じゃー!(落ちないけどねー)

聞いてほしいのよねぇ

その自由さに

振り回されているように思ったこともあったけど

本当は、癒されてた♡

そして

同じように自由にいた、かつての自分を懐かしく感じていたのかもしれない。

人との関係を深めるとき、

自分の在り方を知ってもらい

相手の在り方も知る。

それはココロの奥をさらけ出したり、

奥に踏み込むことでもあるから

傷ついたり、傷つけられたりするかもしれない。

いろんな鎧をココロにまとって

さらけ出さないように

踏み込まれないように

自分を守ろうともするかもしれない。

そのリスクをも受け入れた先に

真の喜びがあるのだろうとわたしは思う。

一瞬にも夢中になること。

それが強さと輝きと自由なんじゃないかと

子ども達からも感じる。

そんな時

鎧はいらないからねぇ

自分のココロの奥と

相手のココロの奥

鎧を捨てて交じり合うといいね


—–

最新情報をチェックしよう!