NO IMAGE

めばちこ。

ものもらいのことを

大阪ではそういう。

次男坊は
そのめばちこが出来て
右目がお岩さん腫れている。

目薬では効かないと思って、また眼科に行くと
そこで膿を出す事になった。
恐くて、不安な次男坊は
必死で頑張りながら「痛いよぉぉぉ 痛いよぉぉぉ」
と泣き声になっていた。

そんな時の私は
不安がらない様にただにこやかに頷いて側にいるだけ。
『頑張れ』や『恐いね』等は絶対に言わないし
不安そうな顔も出さない。
まして、泣き声が大きいなんて怒りもしない。
しんどいのは私ではないから。

でも
次男坊が膿を出しためばちこは1つだけで
内側のめばちこは次の日に出す事となった。
『経験済み』の痛い施術をまたやる事になったので
次男坊は不安だらけ。
しかも今度は目の中だし、ビビりまくってもいた。

そこでも私は励ます事はせずに
「明日になったらめばちこ治って良くなるね~」
とだけ話していた。
「痛いんでしょ???ね???」
と聞いてきたが
「今日はよく出来たね、明日も同じ事だよ」
としか言えなかった。

そんな次男坊も翌日の朝には
「今日でめばちこ良くなるで~」
と元気になって、覚悟も少しは出来ていた。
ホッとしながら病院に連れて行くと
目薬が効いて、少しずつ枯れてきているので
膿を出さなくてこのままで良いと言われました。

大喜びの次男坊。
「やったー!!!!!」と言いながら
眼帯を取った顔を初めて見て

「まだへんな顔やんかっ」

と自分のお岩さん腫れた目を見て笑っていた。
その笑顔はとても嬉しそうで
私もやっと心から笑えた。

やるじゃん!次男坊!!!

shokopon

ペタしてね

—–

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!