NO IMAGE

たった一人の存在。

姉は私にとって
たった一人の姉妹。

そして父も母も
この世にいない私にとっての姉は
唯一の頼れる存在。
唯一の基本に戻してくれる存在。

お互いに
家族はいるけど・・・ね。

偶然にも
姉と私は
育った九州を離れ
同じ大阪に住んでいる。
しかも車で20分程で行き来できる場所に。

これも縁なのかもと
有難く感じている。

そんな姉と久しぶりに会った。
相変わらずマシンガントークで
話したい事が沢山あるんだなって思っていた。
私はいつも聞き役&苦言を呈する役。

だけど
私は
そんな風で
いつまでもいさせてくれる姉に感謝している。
姉はいつも真っ直ぐで
感情を隠さない(って言うか隠せない)。
そんな姉とずっと接しているうちに
何が大事なのか
何に心を打たれるのか
いつも
教えてもらえてたから。

そして
母を亡くしてからは
姉の存在がより有難く、大事だと思える。

時には両親より頼ってきたし
同性という事で
話せる事も本当に多い。

そして
唯一
母を亡くした悲しみを共有出来る存在。

だから
ずっと
仲良くしていきたいと
心から思う。

時には
考え方が違うと感じた事もあったが
今は何のわだかまりもない。

お互いに
年を重ねながら
色んな事を話していけたらいいなと思うし
そんな『姉妹』という形で
産んでくれた母に
改めて感謝しています。

—–

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!