人は限られた時間の中だけで絆を育む

時に別れはやってくるもので、昨晩 憧れていた方がいなくなったことを知りました。
人は限られた時間の中だけで絆を育むのだとも思い知りました。

わたしが恋愛相談を受けてきたのは、愛は永遠だと思いたいのだろうと、
そこにその人がいないとしても育んだ絆は残ると、希望を見出しているのだろうとも思いました。
それは幼い頃からずっと。。。
ロマンチスト主義というか、それが りんごろ主義ということで。

憧れの方との時間を思い出してました。
最後になるとは思わなかった会話、それまでの関わり、言葉はなくとも励まし、見守ってくれてたことも。
悲しいけれど後悔がないのは、わたしも大切に思い、時をともに刻んでもきたからだと。

考えたら、お別れが近いことに無意識では気づいていたかもしれない。
所々で「ん?」と思う事実は見受けられたから。すごく小さな足跡だったけども。

人はそんな風に、所々に足跡を残していくものなんだろうね。
気づくか気づかないかの差は、その瞬間、瞬間を ただ大切に日頃からしているかどうかなだけで。

満月の日、大きな手放しが起こったのだとも受けとめています。

後悔のない毎日を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA