女ひとりで生きるのは、やめ!な春

仲間が伝えてくれた4年前の春のわたし。。。

こんな服、着てたわ!と恥ずかしくなる、

これもまたわたしの足跡。

子どもたちはこの写真を見て
母さん、若かった、、、って当たり前や。
もっとオモロイこと言えっつーの。

なによりこの4年は
生活を変え、新たに居を構えて 走ってきた。

楽しいことも嬉しいことも多かったけど
女ひとりが生きてくって
こんなことも あんなこともあるのねぇ、と
学んだことも多かった。

そして5年目の今年からは
女ひとりで生きるのは、やめ!とも思う。
つまり
寄り添い合い、育むということ。

これまでは「一緒にやろー」と言い続け、寄り添ってきた。
今は「一緒にやりたい」と声をかけてもらえる。
育まれてきたことを実感し、涙ほろほろ(;_;)

寄り添い、育むって時間のかかることだけど
種は芽吹き、咲くときはくる。

春休み!
子どもたちに旅をさせ
(わーわーうるさいから追い出し作戦ね)
ワクワクこそカタチに♡の第一歩。

春だねー。
みなさまもワクワクな春を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA