思わず涙。 ギフトは突然に。

明日は今年の仕事納め。
少し早くに冬休みに入ります。

今年一年、頑張ったなー。
本当に頑張った!

今までは頑張った!って言うこともなかったけど
頑張ったね!って労い合いたかったんだと、やっとわかった。

子どもの頃から両親の喧嘩が毎日絶えず、
時に暴力、言葉の暴力がすごくて、それが嫌で嫌で
だから、共に一緒にいる人とはそんな関係は築かない、と思ってきた。

無意識に、ぶつかることを避けてきた自分がいたんだね。
人は時として、
ぶつかってでも相手を知ることも大切なんだと思うようになったけど
言葉は選びたい。

仕事についてね、、、
世の中からなくなってもいい仕事、とか
魔法の質問ってあやしい、とか
ネガティブ産業で、人を騙して儲けてる、とか
そんな言われ方をすることも多かったから、あまり多くを語らず
わかってくれる、必要な人に届けばいいと思ってきた。

でも、そんな言葉にも 心は傷ついていたんだなぁと今は思うし、
言わせておくだけじゃなく、

「本当は何をしているか知ってる?」
「体験してみない?」
「そこまで言わなくてもいいよね。」
などと言えばよかったな、と思う。
わたしが自信に溢れていなかったことにも気づいた。

わかってくれる、必要な人に届けばいいという、語らない態度は
「あなたにはわからない」
そんな風にも見えていたのかもしれないね。

そして、
それだけ相手を否定するということは
その本人が自分を信じれていなかったということも 今なら感じる。
その人自身が、しんどかっただろうな。

何事も正直がいい。シンプルが楽だ。

先日、娘っこの友達が遊びに来ていて
「娘ちゃんのママは何のお仕事をしているの?」と娘っこに聞いていた。
娘っこは
「ママは困ってる人の相談にのってるよ。カウンセラーなの」と言っていた。
友達は
「へぇー、かっこいー。娘ちゃんのママ、頼れる人って感じだもんなー」と言うと
娘っこは
「ママは愛が深いの。ずっと信じる人だから」そう言っていた。

思わず涙が出た。
から、トイレに駆け込んだ。

嬉しかった。本当に嬉しかった。

頑張ってきたね♡って
今は 誰に言われなくても、自分に心から言える。

そして、どんな否定も
反省のひとつにはするかもしれないけれど、わたしのハートには介入させない。
そのまま鏡のように愛を持って返してあげれたらなと思う。

—–




♦INFORMATION♦︎











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.