わたしのボーダー

「可哀想」

「できるかな」

そんな言葉を聞くと

わたしは「そうかな?」と空を見てしまう。

 

可哀想な人なんて

本当はいないとわたしは思うんだな。

誰の上にも空はある。

ボーダー(境界線)を引くってだいじ。

それはどんなに身近な人でも。

 

人の課題は横取りしてはいけない。

自分の価値を他人の場所でみいだして

自分は小さくおさまっている場合ではない。

そして

自分も他人もみくびってはならない。

 

子どもの代わりに宿題しないことと同じ。

「自分のことは自分でやる。」

幼稚園のとき、言われたことを覚えている。

 

これが自立の一歩。

 

ボーダーを引いてますか?

 

 

 

 






♦INFORMATION♦︎





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA