ブログは、わたしのエンディングノートのひとつです。

コツコツ続けることは わりと得意です!
ブログは読み返すと恥ずかしくて 削除した記事もあるんですが9年目になります。

今年はまだ講座を開催していませんが
これまでの集客は ほとんどがブログからでした。

どうやったら続くのか?
どうブログを活用しているのか?

本当によく聞かれます。

一時はね、1日5記事を目標にブログ更新をしていました。
始める時、わたしにはそんな勢いが必要だったのかもしれません。

なぜ、ブログを始めたの?

いつもここから聞かれます。
でもそれは、そんなに難しいことではないと思います。
ハワイに行きたいと思ったから行った! それと同じです。

pl-2014135115127

わたしがブログを始めたキッカケは 福岡の親友と近況報告がしたかったから。
本名も出さず『りんごろ』というニックネームを適当につけ、
主婦の日常をダラダラと書いていました。

適当につけたニックネームの『りんごろ』ですが
それが覚えられてもいったのです、、、、、

一度聞くと忘れないようなこと、印象に残ること

これはブログを書き続けていくうちに、大切なことだと知りました。
人の印象に残るということ=読んでもらえる!ということです。

タイトルが8割!という言葉、聞いたことありませんか?
印象づくと思わず読んでもらえます。

同じエネルギーを注ぐなら
ブログという自分のキャンバスから
どんな人とご縁を繋げたいだろう?
そんなことを意識するといいとも思います。

 

小さな積み重ねは、やがて大きな力となる。
その力が
読まれるブログから、読み続けられるブログになっていきます。

 

わたしは偶然にも「りんごろ」が印象に残り、
覚えられていきましたが、それは発信したからこそ。

普段は会うことのない方からも見つけてもらい、
ブログを読んでもらえるようになって
親近感も持ってもらえました。

 

いろんな魅力や良い情報、サービスなど
発信にのせることは、未知への繋がりの一歩になります。

これまでに感じることのなかった世界までご縁が広がり、
深めることができるのは『発信し続けている』からだとも思っています。

 

 

そんなわたしですが
今年の1月は活動を休むことを決めていました。
2月は新しい活動を始めるから、そちらに身も心も時間も注ぐと決めていました

ハッキリ言うと、今年に入ってからのわたしの外での活動時間は少ないです。
それでも「毎日楽しそう!」「忙しそう!」「いつもキラキラしてる!」等と言われるのは
発信を続けているからだと思います。

ブログから わたしの人となりを感じてもらえることは、嬉しいことでもあります。
子ども達とのいつもの会話も、人となりを感じてもらえてるようで。。。
毎日のバタバタ劇ですね、、、はい(汗)

どんな風にアラフォー世代を楽しんでいるのか?
ここにとても興味を持たれているようです。

ふふふ・笑 楽しいだけじゃなく、ドロッドロもありますけどね!
どちらも人生のスパイスです。

 

ブログがFacebookと違うのは
情報が流れてくるのではなく わざわざ見に来てもらえるということ、
たくさんのことを伝えることができるということ。

だから何をブログに書くのか?は
Facebookとでは、わたしは少し違います。

ブログというキャンバスには、何を描き、何を伝え、誰に向け、美しく仕上げたいか?
Facebookというタイムラインには、短い文章と写真から、何を映していきたいか?

それぞれの特性を楽しんでいます。
時々Instagramもね!

 

最初のキッカケは『福岡の親友との近況報告』だったブログが
続けたことにより『わたしの歴史』となりました。

この歴史が、わたしのエンディングノートのひとつにも繋がると思います

 

りんごろ
あなたは発信で何を描きますか?






♦Information♦︎
♦人生を好きにデザインする【ラブライフコーチング】
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 9月17日(日)13時〜16時
千葉 19日(火)10時半〜13時半
大阪 20日(水)10時〜13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー) 自分を生きる女性のサポート、ライフワークバランス講座、恋愛コーチングを通し、生き方、喜び、美しさ、感性、センスを引き出しています。 大切にしていることは自分に正直に♡好きなことはシンプル。