ザバっと切るか、 ジワジワと時間をかけて相手に分からせていくか

離れる時(別れる時)というのは
結局のところ
急にザバっと切るか、
ジワジワと時間をかけて相手に分からせていくか、
しかないのだと
数々の相談を聞いていても思う。恋愛も。

切り出す側より
切り出された側の相談が多いが、

その少ない中の
切り出した側の話には『決断』がある。

これは相談ではなく、
自分で確信、確認するための時間。

その話は、
誰かを傷つけたであろう自分をも受けとめ、
それでも出逢えたことに感謝を持ち、
傷から学んだことをハートに刻み、
これからの人生を歩むという覚悟がある。

傷ついているのは『お互い』であって、
切り出された側だけじゃないなと
つくづく思う。

同じように過ごしたんだもの。

その傷を糧にするのか、
人を疑う正当性の言い訳にするのか、
今年に入ってからは
2つにぱかっと分かれてるな、と感じる。

自分に本当のことを、
厳しいことを、
キツイだろうと知っていることを

あえて愛をもって伝えてくれているか、
ただのやな奴と捉えるのか、

その区別さえもつかないのは、
かなり弱っている自分がいることに気づく時かも。

それはもはや相手のせいではなく、
自分の積み重ねてきた思考と言動の変換期。

本当はどんな風に関わってほしいのか?

自分のハートの奥にある声に
耳を傾け、

その声を叶えていくために
どんな人に身近にいてもらえたら嬉しいのか、

その人たちはどこにいるだろうか?と見つめ
見つけたら
【お願いする】【頼る】【信頼する(時に謝る)】
ことにトライしてみるといいのかも。

ひとりでは難しいかもしれないから。

過去どうだった!とか
こんな想いをさせられた!とか
傷つけられた!と言っているだけでは
いつまでも過去に留まるだけ。

切り出す側の人がブレないのは
変えられない過去にいるのではなく
変えることのできる『今』にいるから。

それが
正直に生きるひとつなのだとも
このところのセッションで何度も感じた。

パートナーシップとは
まずは自分とのリレーションシップからだね。
 








♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
大阪 12月26日(火)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー)

素直に生きることで
自らも輝き、周りもキラキラ溢れるセカイに♡を目指して活動しています。