人生ってなんだろう?が始まった9年前。

わたしが子育てに追われていた9年前、
母は脳梗塞で63歳で亡くなりました。

それまでのわたしは
結婚して、子どもを3人生んで、マイホームを建て
ママ友とランチし、キャンプにも旅行にも行き、主人を支える妻として
それなりに幸せを謳歌していると思っていて

将来、孫達に囲まれながら 粋なお婆ちゃんになっていたらいいなぁ
くらいにしか考えていませんでした。

わたしの生まれきた意味は?
人生ってなんだろう?

なんて自分に問いかけることもなく。

40211511 - heart

母はよく
「子ども達(わたしと姉)がお嫁にいったら好きなことをしよう」
と言っていましたが
実際にはわたしたちが結婚しても
毎日ほぼ忙しく働いていました。

年金をもらったらゆっくりしよう
とも言ってましたが
年金をもらうこともありませんでした。

介護をしていた弟を看取ったら安心できる
とも言っていたけれど
先に逝ったのは
人工透析を20年ちかく続けていた叔父ではなく母でした。

mar89_ajisai20140601500-1024x683

母は晩年、家を建て直し、お墓も建て、
自由な時間とお金をもち
仕事では周りにも頼りにされ、
ご近所さんとも仲良く過ごしていましたが

母が倒れてから帰った実家には
誰よりも健康を気にしていたとは思えない量の
空のペットボトルがたくさん置いてありました。

電話で話してたときの
気丈で明るい母とは裏腹の母の日記も
亡くなってから読むことになりました。

幸せって何だろう?

母の死をキッカケに
わたしは自分の人生も同じような気がしてならなくなりました。

あんなに働いていたけれど
あの世にはお金はもっていけず、
そのお金を使って楽しんだ様子もそんなに感じられず、

人のために動いて、
喜んだり、嬉しそうだったりしてた記憶はあるけども、
心からの楽しそうな顔を見たとは自信をもって言えないし、
健康も気遣っていたけれど、人生の終わりにはさほど関係なかった。

常識で良しとされている
幸せや素晴らしい人生の条件が
わたしには何の意味も持たないことを
母の病気と死から学んだように思います。

 

母の亡くなったあとの顔は
口角があがっているほど微笑んだ顔でした。

意識がなくなっていた時の顔とは別人で
その微笑んだ顔を見たとき

母は
生まれきた意味、
人生ってなんだろう?
の答えを悟ったのだろうと思いました。

そしてわたしはこの時から
自分の生まれきた意味、
人生ってなんだろう?
自分で意識しながら探す時間が始まったのだと思います。








♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
大阪 12月26日(火)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー)

素直に生きることで
自らも輝き、周りもキラキラ溢れるセカイに♡を目指して活動しています。