「ゆるす」ことが難しいときの、気持ちの手放し方

ゆるせないと思ってしまうとき
それは
自分がイヤな思いをさせられたり、
責任転嫁されたり、
どう考えても理不尽だと感じたとき、、、じゃないだろうか。

自分がされたらどう思う?
同じ気持ちになってみてほしい、と思うよね。

でも

その気持ちを抱えて
いちばん苦しむのは自分。

ずっとずっとその気持ちは
ハートに残って
気になって
目の前のことにも 集中できなくなってしまう。

気になるということは、自分の気(エネルギー)が
どこかに行ってしまっているということ。

自分にとって良い循環は生まれにくい。

考え続けることも しんどいし
ゆるせない時の自分は、なんだか醜いようにも思う。

「相手をゆるしましょう。」なんて言われても
そんなこと、できるならやってるし!!!とも思うよね(わたしはそうでした)

いっそのこと、
考えてしまう気持ち全部、なくなってしまったらいいのに・・・

と、ふと思ったことがありました。

そこから解放されたら楽だろうに、って。

そう!
そこから解放したらいいんだ!と。

その気持ちを丸ごと
自分から杭を抜くようなイメージで、グイっと取ってみたのです。

そうしたら
ハートに大きなスペースができました♡

そこに
本来の自分のエネルギーが流れ込んできます。
自分に戻れるってこんなに嬉しいことなんだ!
エネルギーが満ちることを喜んだ記憶があります。

いやいや!!!!!そんなに簡単じゃない!
出来事を思うとザワついて、そんな状態にもなれない!
と 思うかもしれませんね。

でもでも!だいじょーーーぶ(*˘︶˘*).。.:*♡

誰かに涙を流させるような苦しみを与えれば
自分は血がにじむような思いをする。

と わたしは幼少の頃から祖母に言われてきたし
本当にそうなっているから。

ひどい言葉を投げたり、意地悪したり、
人の気持ちを考えなかったり、苦しめたりした場合
(どこか悪意がある場合)
その悪意と似たようなこと、もしくは 考えさせられるようなことが
その人の身に出来事として起こるから。

少し前にも、そのようなことがありました。

ある時メールをもらったのですが
そのメールの最後に書いてあることが、どう考えても嫌味なのです。

「わたし、何かしたんだろうか?」と思ったけれど
そこに引っ張られることも、考え続けることもやめて過ごしました。

それから2週間程経った頃
その方には、信用を失うようなことが起こっていたのです。

わたしが何かをしなくても
考え続けなくても
出来事として起こる。

ひとつのメールだとしても
温もりのあるものを送りたいなと、その時強く思いました。

「ゆるす」ことが難しいとき
その気持ちに引っ張られること、考え続けることもやめること
オススメします。

自分を苦しめることは
自らやめましょ♡









♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
広島 1月13日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA