今日は真っ赤な口紅に決めた!と同じ感覚の『決断』

友と会って5時間も話していた。
女子トークは終わらせようとしなければ、終わらないのであーる。

そう。終わらせようとしなければ、終わらない。
終わらせることを決めるんだよね。

 

話している間に、ふと出てきた「怒っている」という言葉。

怒りとは
出来事にモヤモヤしたり、
誰かを嫌だと感じたり、
何かにイライラしたり、、、、

その何倍もの深さで、傷みを抱えた自分がいるということ。

何か新しいことをすること、
他のことに目をやること、
捉え方を変えること、
自分の課題ではないと考えること、
夢中になること、

傷みを抱える自分からは遠ざけてくれるけれど

それでは傷みを抱えた自分はいつまでもハートに留まり
出来事や誰かや何かを通して、また自分を追い立ててくる。

傷みを見ないように、
ハートの外側を満たしていくのではなく、
内側の傷みと仲良くしてみることが自分とつながること。

傷みを感じたり、みてあげたり、声を聞いたりしてあげるのは
自分と仲良くなること。

自分を好きでいることなんだよね。

そしてそれは、他の人にはできないこと。

わたしは、傷みを抱える自分と仲良くするとき

温かなカフェオレを用意したり、
お風呂で好きな香りを感じたり、
大好きなチョコを自分に買ったり、
苺をひとり占めしたり、
好きな音楽を流したりしていた。

誰かを大切に思い、もっと仲良くしたいと思うときに
何かプレゼントしたくなるのと同じ。

自分にも同じことをする。

時間は多少かかったとしても
自分と仲良くいれば、
出来事で悲しい思いをすることはあったにせよ、
つながりを断つような、
自分のハートをさらに自分で傷つけるようなことにはならない。

自分だけは味方で
自分にまる(●^o^●)が出せるようになる。

これが自信となり、
溢れ出すと
自分にどんなことをさせてあげようかな!と
自分のオリジナルな人生をクリエイトしたくなるのだと思う。

傷みを抱える自分と向き合うことが恐いとわたしも思ってきた。

そんなときは
恐さにフォーカスするのではなく
自分と仲良くすると決めるとよいよ。

今日は真っ赤な口紅に決めた!と同じ感覚で。

長くなるトークを終わらせることを決めたこととも同じ。

ただ淡々と決める。

逆に言うとね、
恐がるとは自分と仲良くしないと決めているのかもしれない。

既に【決めてる】から今がある、
どちらで【決めたい】かは選ぶことができるね。







♦Information♦︎
♦心底ハッピーを勇気をもって選ぶ【ラブライフコーチング】
♦新月開催・8月22日(火)10時〜13時【わたしの中の愛の価値観を知る】WS

中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター 【LIVE LOVE LAUGH】
♥無料メール講座 自然に愛される大切な7つのエッセンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー) 自分を生きる女性のサポート、ライフワークバランス講座、恋愛コーチングを通し、生き方、喜び、美しさ、感性、センスを引き出しています。 自らも輝き、周りもキラキラ溢れるセカイに♡を目指して活動しています。