量の方が大切だけど、質がないのは意味がない!

りんごろ、只今頭の中がウネウネしとりまして(笑)
なぜかと言いますとぉぉぉ・・・

来週、ある高校の保護者向けに講演に行くのですが
そこは進学校で、大学受験前の子どもに 
親はどんな風に接することが 子どものためになるのか???
みたいなところが焦点と言いますか・・・

聞きたいところみたいでですねぇ・・・

まぁ、大学受験を終えた長男をもつわたしが言えることは・・・?と
頭ん中を整理しとったのですよーーー

まだ、ウネウネはあるのですが
日々の暮らしの中にふとヒントがあったり、誰かの言葉がピン!ときたりもしてましてね、、、

要点をまとめている最中でごじゃります。

で、長男と話していたら
『お母さんは昔から「勉強しろ!」とは、全然言わなかった』と言われましてねぇ

言って欲しかったの???と聞いたら

『いや、俺は人に強制されるのはイヤやから 言われなくて良かった。
 確かに勉強は量が必要だけど・・・

 うーん・・・
 量の方が大切だけど、質がないのは意味がない!
 勉強はやるか、やらないか、というより 解いていくものだから
 

とハッキリ言いましてねぇぇぇ
なんだかいろんなヒントが詰まってる言葉のように思いましたです。。。

長男の受験の時にわたしがとても感じたことがあって

それは
本人に本当にスイッチが入らない限り

いくら周りが言っても、
予備校にどれだけ通っていても、
準備対策を沢山したとしても、
勉強ができていたとしても、

じぶんごととして向き合っていない場合
逃していたり、遠回りになっていたりするんだな、、、と
これは主観なんだけど、思ったんだよねぇぇぇ

他のこともさほど変わらないように感じるというか・・・

病気になったとしても、薬が治してくれるのではなく
食事だけでもなく
どれだけ自分がいままでの自分の道を見つめて、
どのようにしていく自分であれるか?が問われるように思うんだよね、、、

それは簡単ではなく、
周りのためでもなく、
対策をとったからでもなく、

じぶんごととして向き合えるか?なんだろうし
起こったことをこなしていくのではなく、そこから何を解くのか?なのかもなぁと
思ったりしてましたです・・・

はい。だらだらとつぶやいてますが。

親がどうあれば良いのか?


頭で考えるのではなく

どれだけ日頃から『自分ごととして捉える自分であれるか?』を
子どもは見てるような気がするんだな。

あー、頭がまとまってきたわ。
あとは『打つ』のではなく、『書いて』整理してみよ。

書くのが、わたしはベストなんだよねぇ








♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
大阪 12月26日(火)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA