「自分ひとり」と「相手とふたり」と「チームの全員」

ひとりとひとりでふたり。

なんだけど

わたしは
ふたりだから
自分は半分力を抜いていいと思うことが好きではない。

任せるということは
手を抜くことではなく
相手の力を信じて、
自分は自分がいちばん力を発揮できる方法でエネルギーを発揮すること。

これは
パートナーシップでも仕事でも同じように思う。

お互いに半分力を抜いていいと考えていたら
ふたりいても
それはひとりの力より少なくなる。

丁寧に
真摯に
本来のエネルギーを
それぞれが溢れさせることで
何倍ものエネルギーになる。

それがまだ見ぬ伸びしろを生み
奇跡を創り出すのではないかと思う。

わたしは誰かとともにあるとき、
すべての自由と責任をもちたいし、もつ。

だから逆に
それだけの気持ちがないと
ともに何かをしようとは思えないし
パートナーでありたいと思えなくなる。

以前ある企画をしたときに
「お互いに○○人集めよう」となった時、なかなかうまくいかなかった。
でも
「少しでも多くの方と、ともに分かち合えたら嬉しい!」とやった時、人が集まった。

パートナーシップでも、同じだと思う。
自分の言い分ばかりを通そうとするときはうまくいかず
相手のことも自分と同じように大切に想い、伝え、
ふたり可能性のためにできることを話しているときはうまくいく。

お互いが自分ごとにし
真剣に関わり
心底楽しめたら
そのパワーは計り知れないとも思う。

自分のことばかりを考えたり、
勝ち負けで競ったり、
より
わたしはお互いをまるごと信頼
お互いのエネルギーを引き出し合い
生み出していく関係性を創りたい。

そのために

自分ひとりのときも
自分を整え
愛でていたいと思う。









♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
広島 1月13日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー)

素直に生きることで
自らも輝き、周りもキラキラ溢れるセカイに♡を目指して活動しています。