ナチュラルに生きるとは 雨にも風にも晒されてきたということ。

りんごろの放つメッセージや
届けようとしてくれるエネルギーは、
キラキラと私を豊かにしてくれる
宝物のようなんだよね。

だからこそ、独り占めしてらんない❣
大切な人にこそ、おすそ分けしたくなるー💕

そんな風に
わたしのイベントを
自分の大切な人たちに伝えてくれた友がいる。

細やかで、
与えても見返りを求めない、
感性豊かな、愛情深い友らしくて
受け取り方も与え方も、
そして伝え方も素敵だと思った。

エネルギーの流れも
素敵な循環だと思う。

ナチュラルに生きている女性。

時々思う。

・いろいろ人に言われたくない
・嫌われるのが嫌だ
・Facebookは誰が見ているかわからないから友達限定・・・etc

心配や不安が常に先にあるのは
キツいだろうと思う。

気持ちはわからなくはないけれど
人を信頼できないって言ってることと同じで
ハートを閉じている状態。

人が離れていくときは
自分が心を閉ざした時。

これを忘れない方がよいと思う。

繊細な自分を守るために閉じるのなら
相手が閉じたのではなく
自分が傷つきたくないから閉じたことを
知っておいた方がいい。

傷つけられたから
閉じたのかもしれないが
それを他の人にも応用するのは
あなたも自ら「閉ざしてます」を出しているということ。

それが
人を傷つけている可能性はある。

そう考え始めたら
何もしていなくても
傷ついたり、嫌われたりするもの。

前に言われたことがある。
「幸せそうで腹が立つ」
「りんごろにイラッとする」とかね。

幸せかどうかは、わたしの課題である。

どう見えるかだけで、イラっとされるのだから
嫌われるとか、何か言われることなど取るに足りないことでもある。

いないところで言われる言葉は。

2017.07.16

陰で言う悪口を陰口。 本人に言えるのは、意見

2017.03.01

与える人は
何ができるかな?を先に無意識に考えるから
受け取り方も全然違う。

心配、不安が先の人は
人の時間をも自分の悩みに使っていることすら気づかず、

自分にとって、よい返答でなければ
グズグズ言って、また人の時間を奪いがち。

だから自分も奪われると思うのだ。

不安と心配、問題を武器にしてることをも
自分で知っておいた方がいいと思う。

それも循環して、また廻ってくるのだから。

傷つかないように自分を守りたいなら
自分の中にある傷を癒せばいい。

傷が癒されていけば
傷で疼くことは起こらない。

限定枠を作るということは
それだけ繊細ピュア
本当は人が大好きということだと思うのね。

だったら
心配や不安の前に
好きな気持ちに素直になることだと思う。

その素直さは
ピュアで真っ直ぐだから
人は惹かれ、魅力を感じ、好きにならずにはいられないと思う。

どんなに傷ついてきた人も
そうやって
自分を信じて、人を信頼していく努力をしたのだと
わたしは思うな。

そんな人に触れたら
たちまち好きになっちゃうだけ

ナチュラルに生きるとは
雨にも風にも晒されてきたということだもんね。









♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
広島 1月13日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA