泳いでいた方向をくるんと変えて、違う方向に

2月に入っった。
わたしの誕生月でもあって
新年よりもスタートの気分になる。

今朝見上げた空には
小さな魚が集まって
大きな魚のカタチのようになっている雲があって
大空を
スピードを出して泳いでいるように見えた。

(まるでスイミーみたいだった↑)

そんなに動いていない雲なのに
どうしてスピード感を感じたのだろう。。。

そう考えながら
5分くらい経った頃
また大きな雲を見上げると

今度は向きを反対方向に変え、
小さな魚の集まりではなく
そのままの大きな魚のように、ひとつの雲となって進んでいた。

雲を見上げるにも
眩しさがキョーレツで
何度も目をこすりながら空を見上げた。

今日の空は
今まで泳いでいた方向をくるんと変えて、違う方向に向く
というヒントをくれた。

自分の望みは、ハートにはあって
それを「こうしたい!」と表現するには勇気がいることもある。

したいことができなかったときの痛みを感じないために
はじめから「こうしたい!」と言わない場合もある。

わたしの場合、思うことより口や行動の方が先で
よく親に注意されていたタイプなんだけども。。。^^;
(今もさほど変わらない・・・)

で、

「こうしたい!」と表現する勇気を
自分のために出すことを諦めると

人って、望みを表現している誰かのことを悪く言ったり、
羨ましく思ったり、
あんな風にはなりたくない、と理由を探し出そうとするんじゃないのかな。

自分のしたいことを表現しない上に、
誰かをも批判するというのは
どんよりしたエネルギーを生んじゃうことになるから

(しかも、エネルギーは循環しちゃうから!!!)

どんよりエネルギーが更にどんよりを呼び込んで
大きくなって
自分に返ってくるような気もする。。。( TДT)

なのでわたしは影で言う批判は苦手かも。
言うとするなら、本人にも伝えるであろうことをわたしは言うなぁ
(思うより、口や行動の方が出ちゃうのよね。。。)

自分の望みに正直であるということは、覚悟がいる。

でも
痛みを感じたとしても、

いや、痛みを感じるからこそ、
知恵を絞り、カタチになるためのカギを探せるのだとも思う。

そしてその方が、やはり自分に正直であるから
なにより自分に対して気持ちいいよねぇ

というワケで
誰かのことをイヤになりそうなとき、批判したくなるときは
今まで泳いでいた(考えていた)方向をくるんと変えて、違う方向に向くとき
なのだと思うのだよね。

もうそこは君の居場所じゃないんだよね。

くるんと向きを変えるときは
今までの思考を忘れちゃうくらいに手放すと
尚、良いように思います。

わたしの主観だけどね(*´艸`*)

 

 

 








♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
大阪 12月26日(火)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA