誰より続けてきたから、今がある。

『見守る』ということを覚えるのは
愛を育む時ではないでしょうか。

立ち止まって待ったり、
相手のペースで 自身がみつけるまで黙っていたり、
気持ちをくみとったり、

かわりにできるものならば、、、と感じても手を出さなかったり
静かに信じて毎日を重ねたり、

自分の言動、考え、結論を変えてみたり。

素敵だと言われているパートナー達は
ビビビ!ときて
なんでも思い合えて、伝え合えて
分かち合え、
どこから見ても幸せに見えることもありますが

本当は
誰より

自分のできることをひとりで積み重ね続け
自分の闇や影を見つめ続け
ズレが生じたときほど試され
心底 自分を信頼し、
そして、相手を見守れる強さをお互いが育てた
から

誰の目にも、幸せにうつるのではないかと思います。

見守る器を、育てていますか?








♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
大阪 12月26日(火)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー)

素直に生きることで
自らも輝き、周りもキラキラ溢れるセカイに♡を目指して活動しています。