女として、何がどこで変わるのぉぉぉーーー???

本当によく言われる。
「子どもが3人いて、それでも女子力あげようとしてるよねー」と。

今日はイメチェンしましたーーーー♪

子ども達が大きくなって、
ココロに余裕ができたこともあるかもしれない。

けどもーーーーー

それって、当たり前じゃない???

恋愛して、結婚して、子どもができて生んだだけ。
女として、何も変わってないよー

何がどこで変わるのぉぉぉ???

いろんなことがあったよー、これまで。
うまくいかないことも、子ども達の世話に明け暮れたことも。
泣き叫んだ日々も。

だけど
生まれてから、これまでずっと女であることは変わりなくて
母性が勝った時期も沢山あったけど
母性も『女性』としてのもんじゃーーーん。

女性であること、それだけでええやん!

娘を見て思う。
女の子には【華がある】。

いるだけで明るい華。
悲しみの姿を見ると、こちらまでしめつけられそうな存在。
華が大人になると、
そりゃーーー、周りを照らす太陽のような存在になるよねーーー。

周りを照らす【華】
そして周りにエネルギーを与える【太陽】
時に静かに見守る【月】

女性は生まれながらにして、
温める存在であると
女性は知っていてほしいと思う。

自信がない、わたしはまだ、、、とか
だから、言わないでーーーー!


女性にとっての 幸せとはなんだと思いますか?









♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
広島 1月13日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA