ごめんねの中の 小さな沢山のありがとう。

7年ぶり?かな。
ある方から連絡があった。

電話の向こうで
すごく、すごく
過去のことについて謝っていた。

わたしは謝られることなどないと思っていたけれど、
一度、言葉を受けとめてから
『わたしも未熟だったから
気づかなかったことも多くてごめんね』
と話した。

『そう言ってくれて、
電話にも出てくれて、
ありがとう』
と彼女は言っていた。

7年をかけた
ごめんね

ありがとう。

本当の想いまで辿り着くには
エネルギーが膨大に必要だから
そこにどれだけの時間がかかったとしても
深いプロセスと時間は比例しない。

謝る
という漢字は
感謝の『謝』でもある。

ごめんね
の中には
小さな沢山のありがとうが込められてあって
わたしには
沢山のありがとうが届いていた。

だから
『ごめんね』も受けとめる。

どっちが悪い、とか
わかって欲しかった、とか
そこを通り越した愛の言葉は
そのまま真っ直ぐに届く。

そして思った。
ごめんね

ありがとう

人生や関係性を
リスタートさせる力があるな、と。

電話から感じる彼女のエネルギーは
昔とは全然違っていた。
なにより、
彼女が自分を生きている様子が伝わってきて
それがいちばん嬉しかった。

言葉にして伝えることの
いい意味での重みをズシンと頂きました。

あなたも
正直な気持ちを
言葉で伝えてみませんか?

なかなかに心地よいものですよ♡







♦Information♦︎
♦素直になる【個人コンサルティング】
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
大阪 10月22日(日)10時 〜 12時
福岡 10月29日(日)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー) 素直に生きることで 自らも輝き、周りもキラキラ溢れるセカイに♡を目指して活動しています。