好きと嫌いの二元性

前に 言われたことがある。

大好き

大嫌い

どちらかにしかならない、と。

 

最近、友が言っていた。
好き
じゃなければ
嫌い
しかないと思ってた、、、と。

 

そのふたつだけだと
すごく苦しいだろうなぁと想像した。

守りに入ったり、攻めたり
指示命令したり、リスク回避したり
それはそれは
頭の中が忙しく
感情の波も激しいだろう。

今朝、娘っこが
泣いたと思えば、次は文句を言ってた。

多感な時だなーと
エネルギーあるなーと
適度に流していた。

その態度も気に入らないらしいw

何しても腹が立つ時だよね。

それは誰に?
が大切だと思うのだけど
本当は
本当は
揺れ動く自分自身に腹立つのだろう。

本当は自分を
心底好きになりたい、
から
好きになってほしい。

まんまを好きになってくれる様を
見て、感じて、
自分を尊びたいのだと
じんじんハートに伝わってくる。

そんな時は
理由なく抱きしめたくなる。

思考が根本から変わる時。

二元性のその先には
そのままでよい、
という
自分への尊厳がある。

自尊心。

そこに気付いた時
大好きも大嫌いも
愛する一部だと知るのだろうな。

娘っこ、
どんな女性に成長するのだろう。
楽しみだ(///▽///)









♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
広島 1月13日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA