あなたの周りに 恋愛や夫婦のパートナシップで 悩んでいる人はいませんか?

信頼は条件ではない。

育児で悩むこと。
わたしはそれが少なかった。

正確に言うと「悩む間がなかった」のだと思う。

小さな迷いはちょこちょことあったけれど
毎日がめまぐるしく過ぎていく・・・
それくらい三者三様の育児に追われていたように思う。

o0480036013769280343


そんなわたしが
子育ての中で 意識していること。


わたしは妊娠と同時に大阪に来て
誰ひとり知り合いがいない土地に、初めて住むことになった。

それを「寂しい」と思えば
寂しくなるけれど

当時のわたしは
なーんにも、だーれも知らない所にきたってことは

すべてを1から始められる!

というワクワクが増した。
(ノーテンキとも言う)


育児書を読んでも、自分には全然ヒットしない。
ならば、自分の経験を「育児書」にしようと決めた。
(これまたノーテンキが働いた)

周りに知り合いがいないということは
人に何かを言われることもなく、誰かと比べられることもない。

事実は「知り合いがいない」それだけなんだけど

心の中心軸は「わたし」╰(*´︶`*)╯♡

これが、わたしの楽しみを増強させた。


もちろん、誰とも話さない日があることは
初めての経験だったから
寂しいと思ったこともあったけれど、

その代わりに、わたしには長男がいて
マリオというゲームキャラクターとも仲良くなったw

つまりゲームおたくになったワケ。

実はこれも初めての経験。
それまでゲームにハマったことなんてなかったから。

この経験が
のちに子ども達がゲーム好きになることを
一方的にジャッジすることのなかった理由。


楽しいことを、ただ「楽しい!」と感じることを
見守ることができたと思う。

長男が3歳になった頃。
言葉が遅くて、一度病院に相談に行った方がいい、と
保健師さんに言われたのだけど

言葉が遅いとしても不自由はないな、、、と
自分の直感の方を優先した。

次男坊は、数々のイタズラを発揮し、
ジッとしていられないところを「多動症かも」と言われたのだけど

わたしの幼少期のオテンバ時代よりはマシだと思ったので
3人以上の人に言われたら考えてみようと、
自分の感覚の方を優先した。

情報がありすぎると、逆に心配が増える。

このSNS時代、
必要のない情報、物、関係性に振り回されないことを意識した方がいいね!

o0480036013769280352


そのほかに意識していることは
環境を整えること家族の関係性を見直すこと


家族関係は身近で、気づきにくいが
だからこそ意識が必要だと思っている。

大きくなった子ども達に
小さな頃からやっていることを無意識に続けたり、
必要以上に世話をやいたりすると

ウザがられたり、反抗されたりする
それはサイン。


子どもたちもわたし達も成長している。
目の前にいる「ひとりの人」として信頼することは
わたしのベースのひとつ。

言葉も
家族だからとはいえ、吐くことはしたくない。
丁寧に伝えたいし、伝えられたい。

そして、あれこれ詮索しない
スマホを勝手に見たり、触ったりもしない。


大切な人を疑ったり、
鞄や財布を勝手に見ない、探らない。

身近な人から「信頼されていない」と感じることは
とても悲しいこと。
それは距離をどんどん遠ざける。

身近な人こそ信頼して、寄り添う。


長男が言っていた。
彼女ちゃんは驚くほど疑わないって。

「あんなに信頼されたら、逆に何もできないよ。
疑うから、人は何かをやらかすのかもね」だって。

わたしも、ごちゃごちゃ言われれば、言われるほど
親に反抗したように思う。


疑われたり、心配されるのは、
大好きな人ほど悲しいよね。

疑う本人も決して楽しいことではなく、しんどいはず。
そして、何も生まないし、生まれてしまうのは「溝」だけ。

信頼は条件ではない。


信頼するかしないか、自分の心が決めている。




♦INFORMATION♦︎
《いちばん大切にしたいことを いちばん大切に》



"りんごろ"のLINE@はじめました!
最新情報などはこちらで ❥
(LINEのアプリが入っているスマホより リンククリックしてください)
友だち追加




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください