ありのままで、ええねんな。答えは、「わが子」の中にある。

最近、昔の写真とか いろいろ整理してる。
そうしたら取材してもらったときのPDFを発見!

懐かしくて、子ども達が小さくて、なんかじんわりスキ

この写真矢印めっちゃ好き~ハート3ハート2ハート4ハート5ハート7


ありのままで、ええねんな。
答えは、「わが子」の中にある。

このフレーズは 3年半前くらいの言葉だけど 今のわたしに再度響きました。

わたしは22歳で父を、36歳で母を亡くしていて
そのことについて言われたことがあります。

「早くに親と別れてしまう人は、自分の魂を生きる人」だと。

親がまだ生きてくれてるっていいなって わたしは思うことが多々あるけれど
親がいるから「親を悲しませないように」などと考えて
自分らしく生きることを 少し抑えることもあると言われました。

なるほどね。。。

それでも わたしの中には まだ
親というか、環境からの刷り込みというか
自分の傷からの思い込みにしがみついているところもあって
人生で自分の可能性にかけることは未知だし、いちばん恐いことなのかもなって
最近はつくづく感じます。

だけど
自分に、自分の可能性を感じさせてもあげたい。
だから 経験させてあげようと思います。

そんなことについて、昨日心友の美香ちゃんとも話したところでした矢印

母を亡くしたとき、あまりにも突然で
感謝の言葉ひとつ、直接言えてなかったわたしは
本当に後悔して、後悔して、
後悔で 生きてくことに希望が持てずに、体も壊していました。

それくらい、母が大好きだったんだよねママ

そのときに娘が言いました。
「ママ、空にばあちゃんがいるポイント」って。
ずっと おばあちゃんはお星様になったんだよ月夜と言ってたから
娘は星空を見てそう言ったんだけど

久しぶりに顔を上げたこと、星を見上げたことは
わたしにはとても新鮮でした。

そして思った。
わたしがもし、突然この世から去ることになったとして
娘が後悔しながら生き、辛くて、毎日泣いてばかりで体を壊していたら
どう思うだろう?と。

きっとわたしは化けてでもおばけ
バケラッタわたしのことはもういいからバケラッタ自分の人生を生きなさいバケラッタ
と心底思って、言いに行きたいだろうと。
そんな娘を見たら悲しすぎるおばけ
そしてあの世からでも 全力でバックアップしようとするんじゃないかなおばけ

でも 今お母さんが出てきたらちょっと怖いかも!ひぇーおばけおばけおばけ

お母さんも同じだろうな、と思えたときから
お医者さんとの出逢いもあり、体は回復へと向かいました。

最近、子ども達に本気で怒られるの。

頭ぶつけたときは「気をつけてくれよ!そんなに死にたいなら、もう出てけよ!」と。
思春期の次男坊(^-^)は 口こそ悪いけど、本気で相手にぶつかるのは想いがあるよね。

愛情が深いなーって心から思う。
本気で相手にぶつかるって とても勇気がいるし、信じてないとできない。

それは自分のために生きてくれよ!ってこと。

かけてきた愛情って伝わってるね・
そうやってぶつかってくれる深い愛情に なんだかホロリ涙な日々でごじゃる。
怒られるのはあまり好きじゃないが。
いつの間にか、立場が逆転しとるーーーアレ顔BA-90・肌色・「うん?」

ありのままで、ええねんな。
答えは、「わが子」の中にある。

わたしも、ずっとお母さんに「ありがとう」って言いたかった。
その言葉がわたしの中にある限り、
それでええねんな、って思いました。

恐いけど、幸せ体験しようラブ

—–




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で心の扉を開く》
【10/14東京✪10/25大阪】TALK SESSION・自己愛WSです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください