未知のセカイの素晴らしさ

昨日は新しいヨガクラスに参加。
まだまだカラダで堅い部分は知っているが、
これまでよりは柔らかくなっていることにも気づく。

少しずつだけども
こうした変化が喜びとなっている。

人は変化を恐れる。

わたしもずっとそうだった。

が、わたしが自然に変わっていくことができたのは
ひとりの男性との出逢いだったと思っている。

その人に会う度に、喜びや嬉しさ、悲しみや落ち込みを感じることができた。
ほかの人では味わったことのない揺れがわたしに起こった。

だから感謝は尽きない。

未知のセカイは怖くもあるが
それ以上に、自分の可能性を感じさせてくれるもの。

そのおかげで
これはなしでしょ!と思っていたことに、わたしは踏み出していってた。
気づかぬ間に、、、だったけれど。

反対にその方は、そこに留まった。
それも生き方。

ともに仕事をしている女性の
パートナーの方から、以前メッセージをいただいた。

「パートナーが、
人に喜ばれ、人の役に立つ仕事をして 輝いていることが嬉しい。
そのサポートをしてくれて、ありがとう」

そんなメッセージだった。
これ、わたしには衝撃だったんだよね。

わたしは妻として、母として、めーいっぱい生きてきて
もちろん、仕事でもめーいっぱい生きてきた。

妻として、母として
元パートナーがわたしを尊敬してくれ、
そのことを誰かに伝えて、わたしのところまで言葉が還ってきたことは何度もある。

けども
わたしの仕事に関しては・・・関心がほぼなかったようにわたしは思っている。

メッセージを見た時、
どこかでその部分を諦めていた自分に気づいた瞬間を感じた。

幼い頃からわたしは、人一倍パートナーシップを育むことを望んでいた。
それは両親の不仲の中で育ち、当たり前のように諦めがセットだったからだと思う。

リスペクトのない者同士の中にいる閉塞感は、ずっと持っていた。

今でもそれは根強いと思っている。
だから閉塞感を感じるところに長く居ることができない。
(これは自分の中での居場所の話。)

現実を生きるのではなく
アドラー的に言うと【可能性の中で生きる】ということ。
仕方ない、いつか、この先には、きっと・・・みたいな。

だから仲間が
愛からの言葉ではなく、批判やジャッジでお互いにやり合うことも好きではない。

どうして本人に話さずに、陰で言うのだろう?

と思ってきた。

そんな時、同じ土俵にはのらず、
自分の気持ちや、どうしていきたいか、を本人に伝え
どうしたいのかも聴く。

だけども、元パートナーとはある部分では諦めていたから
それをやっていなかった。

自分との絆を、自ら破っているようなものだとも知り
自分にすごく腹が立った。

諦めた人のエネルギーは、ともに居る者にとっては良いエネルギーだとは言えない。
わたしが両親に感じてきた閉塞感を、
わたし自身がやっていることに吐き気がした。

自分の人生を諦めるくらいなら、
そのエネルギーを
自分に正直に生きることに使いたい!

そんな強い想いを湧き上がらせてくれた
ともに仕事をしている女性のパートナーの方のメッセージは、今でも宝物。

その想いがあったから
わたしは未知のセカイへと踏み出せたのだと今は思う。

留まってしまう気持ちも、わかる。
どちらが良いとか悪いでもなく、正解でも不正解でもなく。

自分らしいか、本当に望んでいることなのか、なんだとも思っている。

ヨガは、わたしにとって
違う視点から 未知のセカイを体現させてくれている。

そして
あ、チャレンジできた!と思う日もあれば
今日はカラダの声を聴いて、今までのところでめーいっぱいやろう、と思う日もある。

人生も少し似てるのかもな、、、と感じながら。

未知のセカイにいった日は、カラダもヘロヘロw
魂は喜んでいるが、肉体は必死だったり!

喜びとヘロヘロとの
すべての揺れが、調和だとも思っている。

調和とは
決して一定ではないね。

安定しては揺れ、揺れては中庸を探す。

年齢を重ねてきて、
やっと
この揺れも人生の醍醐味なんだと思えるようになりました。

りんごろ45歳。
なんだか人生がさらに愛情深いものに変化しています。








♦Information♦︎
自分に正直に生きる【ハートスタイルコーチング】
長く愛され続ける【ブログ講座】

中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター 【LIVE LOVE LAUGH】
♥無料メール講座 自然に愛される大切な7つのエッセンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー) 人生に『恋』し、自分を『愛』でる。 自ら輝き、周りもキラキラ溢れるセカイに。 生き方、喜び、美しさ、感性、センスを引き出し、 正直に生きるためのセッション、ワークショップ、講座を実施しています。