丸裸で、100%開いて、わたしの前にいる。

りんごろに逢うと
自然と自分を観る時間になるの。

昨日、そんな風に伝えてくれた友。

皇居の素晴らしい自然を見ながら
友と散歩&ランチ&打ち合わせ。

その友に会うと、ハートが喜ぶ(*´艸`*)
同じくらいの信頼をお互いが既にもってある、といった感じ。

言葉のひとつひとつに、愛がこもってあって
それは彼女の人となりでもあるのだけど、とても心地良いのだ。

愛がいっぱいの友といるとわかる。
愛の中に恐れは存在しないのだと。

一緒に食べるご飯も、楽しくて、美味しくて。

そして夜はパレスホテルのバーで別のイベントの打ち合わせ。

パレスホテルは、雰囲気もサービスも、そして見える夜景も落ち着きます。
(写真は、バーの明かりも写ってます)

皇居がすぐ側にあるから、商業看板がないの!!!
これってなかなかない景色だよねっ
ニンマリーーーーーーーーーーーー♡

りんごろは
丸裸で、100%開いて、わたしの前にいる。

夜は、別の友がそんな風に伝えてくれた

丸裸=オールヌードじゃん!

いつも開いている状態ではないとも思うけど
ハートが感じることに、嘘はつけない。

自然に閉じてしまうこともある。

経験上でも 自分のハートに嘘をつくと、
体調が悪くなったり、
なぜだかやな方向にいったり、
頭打ったり、
誤解を生んだり、
うまくいかない関係性が生まれたりすることを
もう自分で知っているから

だから
自分にただただ正直でいたい。

なのでね
「嘘がつけないよね」って笑われるのだけど
どんなに「○○してあげる」と言われても、素晴らしいことを言われたとしても、
ハートがYesって言わない時は、首を縦には振れない。

不器用だとも思っている。

わたしは
自分に正直でいられなかった後、
自分を責めてしまうところがある。

そして後悔もする。

ことを知っている。

それと同じで

誰かにも正直でいなかったら
また自分を責めてしまうし、後悔する。

から

正直でいようと思うだけなんだよね。

それにしても、そんなわたしのことを
丸裸=オールヌードと言ったことに、とても笑えた。

りんごろは丸裸。
わたしの前でどんどん服を脱いでいく。
だから目の前にいる時、こっちが恥ずかしくなったわー

なんて言うんだもん。

自分に正直に生きる、ということを難しいと言われることがある。

そんな時は
自分のハートの花びらを一枚はがしてみるようにするといいのかも。
(服を一枚脱ぐ感じ?)

少しでも自分に正直でいたら
それは魂が喜ぶことだから、
その感覚をカラダもハートも覚えないワケがない。

あぁ、この感覚だ、、、と
昔を思い出すような、、、
懐かしい、けども これ以外ないとわかるほど
しっかりとカラダにもハートにもズシンとくるから。

そうすると、自分に正直じゃないときの気持ち悪さの方が
いやになってくる、、、んだな。

わたしもまだまだ修行中だけどね。








♦Information♦︎
♦素直になる【個人コンサルティング】
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
大阪 11月18日(土)11時 〜 13時
東京 12月16日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Love Moderator(恋愛心理カウンセラー)

素直に生きることで
自らも輝き、周りもキラキラ溢れるセカイに♡を目指して活動しています。