存在価値を感じるには?

日々の相談は『恋愛』から入ってくることが多いわたしですが
紐解いていくと

・今後の働き方、自分のあり方を見つめたい
・自分が何を必要としているか分からなくなってしまった
・他の人の活躍をみて焦ってしまう、自分の存在価値を感じられない

自分を生きるということに、もがいている方が多いのだと思う。

でもさぁ
色んな方々と出逢ってきて思うのは(まだまだ少ないだろうけれど)

どんなに良い環境で生まれきた人でも
誰にも愛されているように見える人でも
成功している人でも

もがき、苦しみ、悩んでいたりもするもので
誰しもそうそう変わらないと思うのだよね。

他人と自分を比べながら過ごしても
恋愛で相手に求め続けても
仕事の成功にしがみつこうとしなくても
誰しもそうそう変わらないのだよ。

でも

もがいたり、苦しんだりするところには
必ず光があるから
そこを見つめ、見据える勇気を持つと
光を掴むことが必ずできるのだとも思う。

もちろん、自分にも言っている。

Facebookに投稿したのだけれど
先日行ったお寺のご住職が、伝えてくれたことを次男坊がメモっていたのね。

手に・笑

【さかさま】

自分が選んでる、ではなくて
相手が選んでいる

自分が話してる、ではなく
相手が話を聞いている

そんな考え方があるのだと
意識したかったから。

手に記してみた、って。

もがき、苦しんで、悩んでいるときほど
自分が自分から離れ、
自分のことを小さく、みじめに感じているのではないかと思う。

そんなときほど【さかさま】を。

もがき、苦しみ、悩んでいるときほど
自分では考えもつかないほどの光がそこに存在しているということを。

 

人は社会的な常識や責任を考えると、
現状に留まってしまうことが多いと思うのだけれど

自分や誰か、何かを深く愛することや、
自分で自分を楽しませること、
探求していくことが
本当の意味で他者へ影響を与えることで
仕事にも何かしら繋がっていくのではないかと思う。

自分の内側から求めているものを
クリエイトし、
表現してカタチにすること。

それが存在価値となるのではないかとわたしは思う。

↑今、マイブームな和菓子のかりんと万十

わたしの中での存在価値がハンパない!!!
外側はかりんとうなのよー。そしてあんことの絶妙な組み合わせ。これ、分かるかなぁ、、、
まさかの食感と美味しさと甘さにやられちゃいました♡

存在価値は自分の中に持とうとしなくても
何かと(人と)同じじゃなくても
良いってことლ(´ڡ`ლ)

既にあって、そこに意識が及んでいないということ。
だから誰かに聞くといいよね。

 

話は戻るが、先日のランチ会での話。
自己紹介の時にテーマを決めた。

最近あった不思議な話 or 最近引き寄せたこと

そのテーマからの話がこちら↓

早起きができないとずっと思っていて
だけども仕事を始めて、それが早朝の時間となり(早起きをするようになった)
全然早起きできるじゃん!
できないと思いこんでいた自分に気づいた、と。

つまり知覚を自分で狭めていたという。。。

なんだけどー、早朝の仕事がなくなり
その流れに抗わずに、もうひとつの仕事をしていたら
そのもうひとつの仕事先が繁盛し
早朝の時間にも仕事に入ってほしいと言われた。

抗わずに手放したら、入ってキター!

でね、思ったんだって。

好きな人に会いに行く!好きなことをやる!行きたい所に行く!食べたいものを食べる!
も悪くないけれど
それでは自分にとって居心地のいい所しか選んでいないということ。

つまり知覚を自分で狭めているのだ!、と。

自分ではありえない!!!ということがあってこそ
自分の中で対話し、深め、クリエイトし、
知覚も広がっていくのだな、、、と。

何が言いたいのかというと

ありえないことが起きて、
もがき、苦しみ、悩んだ奥には
光が必ずあるのだということなんだよね。

【さかさま】

どうぞ活用してください♡







♦Information♦︎
自分に正直に生きる【ハートスタイルコーチング】
恋愛版筋トレ!魔法の質問ラブカード【想いの伝え方WS】
魔法の質問カードマスター養成講座
【語り部】わたしだけのノートの会
長く愛され続ける【ブログ講座】

中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター 【LIVE LOVE LAUGH】
♥無料メール講座 自然に愛される大切な7つのエッセンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

人生に『恋』し、自分を『愛』でる。 キラキラを自ら溢れさせるハートにスタイリングし、 周りをもキラキラで溢れさせる。 お互いで癒しあい、分かち合う関係を深めることで  世の中は何倍も素晴らしく、人生は味わい深くなるという思いから 「正直に生きる」人のための感性を磨いている。