自分の道標の見つけ方

ヨガにハマっている。

自分を整える時間になるからなんだけども
それだけではなくーーーーー

無意識のうちに
自分はどこに力が入っているのかがわかり

そこから
思考癖なんかも感じ取ることができる。

2年前くらいは肩に力が入りすぎていて、
その力を抜くことが難しかった。

ずいぶんと気合いだけで(肩の力だけ)で過ごしてきたんだなと知った。

真ん中(軸)を使わずに、肩だけで、ね・・・

これは
自分を生きるのではなく、
世の中や他人のルールで生きていたということなんだなぁ、と。
(わたしの場合はね)

カラダのどの部分の力が抜けないのか?を紐解いていくと
ハートの奥の自分と向き合える。

それがハマる理由のひとつでもある。

ひとつのことを続けていたら
感じること、身につくことなど

自分の道標をふと見つける時がある。

わたしはテニスに没頭していた時期があったのだけど
ある時から、サーブの時にあげるボールが止まって見えることがあった。

そしてそんな時は必ずキマる!

これが続くと、サーブ以外でもボールの止まる瞬間があって
その瞬間に出逢う時が楽しみでしかたなくなった。

点と点のつながる時ってそういうことなんだと思う。

ヨガを続けてきて、ある時から自分の体幹が気になるようになった。

どこが自分にとって大切で、かつ 心地よい軸なんだろう?
ヨガの最中にカラダ中の感覚を探すようになった。

その上で、呼吸自分を写す鏡が必要となり
ヨガ中は鏡の前で自分をじっくりと観察するようにもなった。

でね、ある時にふと
この感じー!!!と気づいた!

それまではトレーニングのようだったヨガなんだけど、
それ以降は自分との心地よい旅に思えてる。

気づいたら力みもないしね。

力みがなくなると、カラダって柔らかくなるの。
あれ?と思うほど 前屈で手が床に着くようにもなった( ゚д゚)ハッ!

そして
自分のハートも解放されているんだよね。

ハートとカラダは繋がっているなぁと感じ続けている日々です。

自分の道標の見つけ方として
わたしが思うのは

まずはベースを創ること。
積み重ねること、ともいうかな。

ピラミッドもそう。ベースがなければ創れない。

ベースの創り方は、自分で見つけてもいいとは思うけれど
信頼できる人の言葉をそのまま素直に聴き、やる!といい。

せめて3ヶ月(できれば半年)はそのままをやり
(これはありのままを受けとめるということでもあーる。恋愛で悩みが多い方はここが苦手)

どこ(何)が自分にとって大切で、かつ 心地よいのだろう?
を、その中から探していく。

それが自分の道標となるから。

 

自分の道標を確認したいとき、
凝り固まっているハートを解したいときは、
ぜひセッションをどうぞ。

素直になる【個人コンサルティング】のご案内です

2017.11.01








♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
広島 1月13日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA