また起きるしか残っていない。

去年の10月頃から年末まで
しんどい時期であったことは
Facebookに投稿した。

今日の盛り弁(╹◡╹)♡ 暑い、暑い!と帰ってくる姿を見て決めてたメニュー。牛しゃぶサラダうどん。 昨晩は仲間に久しぶりに会った!やっぱ、リアルはいいね♡ 姿を見るだけでニンマリする(*☻-☻…

中島 雅美さんの投稿 2017年5月31日

 

しんどいことのその奥には必ず光があって
その光に気づく前の
闇だからしんどかったワケで。

苦しくても
住み慣れたこれまでの方が
やっぱり楽だと頭は言うからねぇ( ´Д`)=3

自分との向きあいです。

去年のその頃、
わたしは身近な3人に同じようなことを言われた。

深く関わると言うことを。

それは

・互いに深く関わろう、ということ

・仕事は個人と深く関わる方が合う、ということ

・人と深く関わるようになれば、
同時に多くの人と関わることは難しくもなるから
『大切なことを大切にする』ことをいちばんにする
つまり、自分との絆をさらに深める、ということ

しんどい時なのに
難題をサラッと言うなぁ、、、と、聞いた時は思った。

が、だ。

難題と思うのは何故?
だよね。

難題にしてるのはわたしなんだよね。
これこそわたしのための言葉。

深く関わるとは、深く聞き入ること。

自分にいちばん必要な言葉でも
自分が受け入れていない時ほど
あえて言ってくれる人を避けたくなったり、
反発したくなったり、
やな奴だと思いたくなったりするもの。

陰口を言ったりして、同意を求めたくもなったり。

わたしはそのとき
すごい抵抗を自分の中で見つけた。

モヤモヤしっ放しだった。

いちばん面倒だと感じたのは
仕事は個人と深く関わる方が合うだった。

面倒ってところ、大事ね!
ここ、苦手だってことだから。

苦手は、本質的にそうな場合と
過去に何らかのやな気持ちがあって
心理的にそうなった場合とがある。

わたしは明らかに後者だとわかっていた。

そしてここはトライしながら
カタチにするのがいいな、と
これまた朝の覚醒時間に降りてきていたのでトライ!(するしかないとも言う)

トライの時には
お稲荷さんは後押ししてくれる。

やらにゃー、あとは知らんぞ!

やらなければゲンコツを与えてくれるような、
現実にガツン!とバツ(と言っていいのかわからないけれど)を与えることで

行動や成果に繋げてくれる神様だと
前に教えてもらっていたので(っていうか、聞かされたというか)

あえてお稲荷さんのところにも行った。
東京の友も道連れにして。

そして
講座中心だった仕事を
対面セッション中心に変え、

ガッツリと関わりが必要になる仕事のみ引き受け、

blogも
深い関わりを記すことに重きを置いた。

自分のプライベートなことも
内省してきた感情も吐露し、

過去の出来事は変えられなくても
過去の捉え方は変えられることを記した。

と、同時にヨガも始めた。
多くの人と関わることが難しくなるなら
自分の予定から先に埋めてしまおうと、ヨガを優先的に入れた。

そして最後にしたことは

いちばん大切だと思っている人と離れること。

深く関わることとは真反対のことのように思えるけれど
すべての繋がりを断った。

ここがかなりしんどかった。

何故そうしたかというと
そこには少なからず執着があると知ったから。

これまでわたしが見てきた
仕事でも恋愛でも、深い関わりを大切に育んでいる人たちは

離れる力、
自由にする力を持っている。

それが自然に離れられない人となる。
運命の人とかね。

そして
愛の中に執着は存在できないもの
だとも知った。

深く関わるとはそういうことだとも思った。
もぉー、修行ですよーお稲荷さん!
と訴えても、先に「やります」と誓ったのはわたし。

トライするしかない!
しか残っていない。

新しい追い込みだね・・・(*´艸`*)

でもね
やることは明確。

自分の信念を貫き、極めていき
自然に委ね

そしてまた信念を抱いていく。

これで人生大丈なのか?なんて迷う暇も時間もない。
ついでに言うと、落ち込む間もあまりない。

トライした先にあったのは
不安でも
心配でも
恐れでもなく

カラダの柔軟さでした!って言うのはヨガの話。

新たなお仕事のご縁や
毎日の中の、小さな のほほん とした ふとした幸せ。

時々揺れる愛からの調和。

望んだ通りのガッツリな深い関係。

来る人、出逢う人、ガッツリ系で笑える。
ってことは、自分がそうだってことだもんね。

もー、濃い!!!
お前だよ!って声も聴こえてます。。。。

そしてそれは
深く
温かく
家族のようでもあって ありがたいのです。

トライとは、何かを手放し 何かが入ってくるということ。

やる価値はあると思います。

時々「血迷ってない?」とか「無茶してない?」と言われることもあるけれど
(特に、自分の中でもがいている時や結果が出ていない時)
だいじょぶ!大丈夫!!!

住み慣れたこれまでの道しか歩いていない
楽なことではないから
迷いも生まれるに決まってるじゃん。

でも、迷いながらも現実に歩いてるから。

苦しみや傷みを知るからこそ、優しくもできるから。

少なくとも、あなたよりは迷いはないと思います。

と言える。

もうダメだー!と動けなくなることがあってもいい。
休んだら、また起きるしか残っていないから

起きること、が
実はやりたいことだったと明確になるから。









♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
広島 1月13日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA