当たり前すぎて気づかなかったこと

24歳でママになって
それからずっと母として生きてきたけど

わたしは変わらず
パートナーの前では
常にひとりの女性でしかなくて
そのことは
生きることと同じく自然なことだったし
今も変わらない。

6年前に
「そろそろ、
母から女性としてのりんごろが活躍するステージだよ」
と言われてから、

とても意識するようになり、
身近な人や
セッションを受けてくれた人達には伝えてきた。

わたしのリピーターさんは、そこに在る。

先日、長男と変わらない学生さんたちに
「女性として生きたい、楽しみたい。
結婚もしたい、子どもも産みたい、
好きなこともしたい。
どうしたらいいですか?」

キラキラした目で聞かれてから

当たり前すぎて気づかなかったことを
改めて教えてもらった気がした。

生まれきたカラダそのものを
慈しむこと、
愛でること、
自分を大切にする中に
女性としての自分が在ることが自然で、
単純に
自分を感じて、謳歌できることが嬉しい。

本当にそれだけなんだけども。

人がいるからわかることって多いと
つくづく思った。
学生さんたち、ありがとう。

 




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で心の扉を開く》
【10/14東京✪10/25大阪】TALK SESSION・自己愛WSです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください