毒りんごろになれ!

早速、新しい仕事の依頼があった。
これまでとは変わる、と確信。

新しい靴のおかげかも♡
靴は素敵なところに連れてってくれる。

わたしは昔から
ファッションというか
身に纏うものが自分を変え、
エネルギーを与えてくれると知っている。

だから仕事で凹むことがあった日なんかは
帰りにデパートに寄っては
服や靴、バッグやジュエリーをずーっと見た。

子ども達が小さな頃も、ままならない時は
服に元気をもらうためにショッピングに行っていた。

気に入ったら、即買い。
値段を見ないのは今も同じかも。

そんな買い方をしてきたから
会計のとき、思った金額とほぼ変わらない。

勘が働いておーる。

どちらかというと わたしは
両親が苦労しながら生計を立ててた家で育ったと思う。

父はいつも病気だったし、
母は一日中働いていた。

でも母は
野暮ったい服を
姉とわたしに着せることはなかった。

わたしはオテンバだったから
汚すことも多かったけど
母は汚れてもいいような服などを
わたしに選ぶこともなかった。

母は、わたし達を誰よりも愛し、
誇りに思ってくれてたんだとも思う。

わたしが生まれた時とほぼ同じ月↓
みついりえちゃんがまた送ってくれました♡

一昨日が、この月の日で
その日はなぜだかエネルギーに満ちていたのよね。
母の夢も見たし、しっかりと感じられた。

そんな風に大切に育てられたから
わたしは、わたしを適当に扱われることに敏感。

自分の考えや想いはわりと言うタイプで、
お互いを尊重してるからこそ
対等であることを望む

人がすごい!と言う影響力のあるような人に
興味が持てないのも
対等であるかどうか、なんだろう。

上からくる人の意見は
例え 上司などの上の人であっても
言っていることに人への尊厳を感じなければ
従わないのもわたし。

切られてもいい、って思う。
気に入られる可愛いタイプでは、決してない。

これでも、自分のことは考える余地を持つが
他人が、とくに身近な人が
尊厳を大切にされてないことを感じた時は
腹が立つなんてもんじゃない。

胸ぐら掴んで、壁に追いやったこともある。
その辺は猿並みに本能的。

これも
母が育ちの中で、擦り込んでくれたことだろう。

大切にすること、を
大切にできない人は
ただただ、愛が足りないんだろうとは思っているが
やってはいけないこと、言ってはいけないこと、はある。

寂しいからってそれはないやろ!

断固として、怒る。

素直さに欠けるなんて、みすみす自分をおとしめるようなもの。

そこだけは
自分で気づかなければ意味のないこと。

きっかけは他人がつくることはできるが
すべては本人が気づくしかない。

呼吸を
代わりにしてあげられないことと同じ。

この写真↓もみついりえちゃんにいただいた。
わたしの生まれた日と同じ月が、沈んでいく神秘的な流れ♡

今回、コンサルで 服も靴もバッグも選んでもらった。
そのコンサルでは

りんごろは、本質的だから
それは伝えて言ったほうがいい、とも言われた。

あえて「毒りんごろ」になれ、と。

毒は毒で制す。
レメディなんかもそういうことだもんね。

子ども達の話を聞いていると
以外に平気で「死ぬのは自由」とか 言う友達もいるそうな。

相談にきた人たちの中でも
「病気になったのは親のせい」なんていう人もいる。

わたしの中では、胸ぐら掴む系の話だけどね。

人がひとりいなくなること、
今までそこに当たり前にいた人がいなくなること、

そんな簡単なことじゃない。

病気を人のせいにすることも、
どんだけ自分を蔑ろにしてんねん!って、拗ねもいい加減にしろって思うけどね。

大切にする、
大切にされることを
もっともっと知ってほしいと思う。

毒りんごろのための靴。
毒色じゃなくてキラキラ。

テンションあがる!!!









♦Information♦︎
【わたしの中の愛の価値観を知る】WS
東京 12月16日(土)11時 〜 13時
広島 1月13日(土)11時 〜 13時

♥中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター【LIVE LOVE LAUGH】
【りんごろBlogブ】無料メール講座
♥無料メール講座自然に愛される大切な7つのエッセンス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA