平凡のような毎日は「奇跡」

何か特別なことが起こったり
運の良いタイミングを
人は奇跡と言うけれど
最近のわたしはその感覚が変わった。

前に
愛する人とはどうして出会ったのだろう?
何故か考える時期があった。

普段の生活の中では、
会うこともなかっただろうに、、、と思うから。

タイミングが合ったとしか言えない。

あの時、あの場所で会わなかったら結婚もしていなかったかも、
なんて考えたこともある。

これは仕事でも言えることで、
同じことをやっても、うまくいく人 と いかない人もいる。

うまくいったのは自分の努力だけとは思えないことも。

このような
自分の力だけではどうしようもないことも
エネルギーやタイミングが合うことで変わることがある。

それらを奇跡と思ってきて
感謝もしてきたが
なんだか それだけじゃないと思うようになった。

今、わたしは
いろーーーーーーんな人たちに、
会う度に言われることがある。

りんごろは、恋してなんぼ!

それは
わたしがわたしらしく生きるための愛からの言葉だと
ものすごく感じている。

でもわたしは
何もなく、無事に、平和に一日を終える毎日に
とてつもない幸せと感謝を
今、とても感じている。

恋していないことが幸せを欠いているとも
恋をしたらもっと幸せになれるとも
現状のままでいいと思うこともなくて

今の「何も起こらない状態」は
瞬間、瞬間のわたしが
光の部分を【心の目】で見て
自分の感じる本音を選んできた結果
であって

悪いことが起こったり
嫌なことが重なったりしていない、ということ。

この平凡のような毎日も奇跡じゃないかな♡
わたしは、そう思うのだ。

自分の普段の状態に幸せを感じ
ありがたいなぁ、と感謝する先に

特別なことが大きく起こったり
運の良いタイミングが現実にやってくるとわたしは思う。

 

幼少の頃
わたしの周りは病人だらけだった。

病気の多い家系だったから
付き添う母と一緒に病院に行くことは多かった。

その環境が当たり前だったわたしは
神社やお寺に行ったり、お地蔵さんの前を通る時など
自然に
「いつも見守ってくれてありがとうございます」と
心で祈っていた。

お礼の後は
「これからも見守ってください」と言っていた。

この感覚は今でも同じ。

 

何もなく、無事に、平和に一日を終える毎日は奇跡
だから
これからの可能性を楽しめるのだ。

誰に期待するでもなく、
自分に期待しながら。




♦INFORMATION♦︎











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.