どうして早くに別れを受けとめなきゃならなかったんだろう?

わたしの両親は他界しています。

父はわたしが22歳のときに
母は36歳のときに。

どうして早くに別れを受けとめなきゃならなかったんだろう?

という疑問が常にわたしにありました。

20443719 - burning candle over black. is not isolated, just shot on black

わたしは世間でいう、いわゆるデキ婚でした。

でもね
長男がお腹に宿ったときも
実は不思議だったというか

仕事を続けていきたいという意思がその頃あったので
きちんと避妊していたのです。

にも関わらず宿った命。

 

そのときに

この子はこの地上に生まれくる子なんだ!と思ったし

命のエネルギーや、
地上でやることがある!といった命からの意思をも
とても感じたことを覚えています。

不思議なんだけど
そのエネルギーでわたしは生かされたとも思っているんです。

ご縁のなかった大阪にくることになったのも
(当時、パパさんは大阪在住でわたしは福岡の遠距離恋愛でした)
決まっていたんじゃないかと
今は思います。

o0480048013589889778

でね
昔からすごく引っかかっていたのは
デキ婚って言葉。

わたしの行動について言われることはぜんぜん構わなくて
わたしが苦手なのは
命に対してできるとかできないとか
そんな言葉に不自然さを感じるのです。

長男が宿ったとき
それはそれは母も姉も驚き、わたしの行動に対して苦言を呈しました。

母も姉も
宿った命を「授かりもの」だと言いました。
この時わたしは、この子を絶対に生むと決めたと思います。

わたしが子育ての中で
そうそう悩まずに、子ども達と接してこれたのは

「授かりもの」だと思う気持ちがベースにあるからです。

なんて言ったらいいのか言葉にするのは難しいけれど

授かったから、
ひとりで歩けるように見届けられたら
お返しする

そんな気持ちが いつもどこかにあるのです。

自分が生んだから、自分のもの、
自分の思い通りになるものと思うから、悩みになるのかもなぁと感じます。

その気持もわかりますけどね。

子はかすがい
なんだけども
お返ししていくもの。

この流れが命の循環なのかなぁと
ぼんやり思ったりもします。

o0480036013554083308
幼稚園児の頃のわたし↑(丸顔で首がないとよく言われてました)

母は愛情をとても注いでくれましたが
どこかべったりはしてなくて
この微妙な距離間はなんだろう?と思ったこともありました。

今なら思います。

晩年の母は

授かり、
ひとりで歩けるように見届けたから
お返ししていた

のかもしれないな、と。

ま、こんなに早く別れるなら、ひとりで歩きたくなかったわ!と
言いたい自分もまだいるけどね。
ははは・笑 まだ子どもでいたいわたし。。。

「いつも姉妹仲良く。
ケンカしても、きょうだいっていいなって思えるからね!」
って母はよく言ってましたが

その通りになりました!

わたしが大阪にきて何年か後に
姉も旦那さんの転勤で大阪に来ました。
それ以来、転勤もなく。

もしかしたら母の想いが形になったかな?と感じてもいます。

そして、今日は姉の誕生日。
この日にいろんなことを思い出したり、
こうしてブログに書いているのも、母に書かされてる感があったりします。

img_1079

どうして早くに別れを受けとめなきゃならなかったんだろう?

この答えなんだけど
今のわたしは

命は「授かりもの」

自分も相手も「授かりもの」

そして、授かった命で出逢える人も時間も限られている。

だから

命に執着して、
自分のもの、
思い通りにしたい、
失いたくない、

で悩まずに

分かち合う関わりで生きようと感じています。

 

って言えるのは
父も母も早くに亡くして
分かち合う関わりをもっとしたかったから、なんだよね。

そして不思議なんだけど
わたしが自分の命を全うするとき
母は見守り、見届けてくれると思うんです。
(そのときは迎えに来てくれるかも)

そう思えたときから
命に
より執着しなくなったように思います。

だって繋がってるし
また会えるから。

まだまだ こちらでめーいっぱい生きるけどねっ!!!







♦Information♦︎
自分に正直に生きる【ハートスタイルコーチング】
恋愛版筋トレ!魔法の質問ラブカード【想いの伝え方WS】
魔法の質問カードマスター養成講座
【語り部】わたしだけのノートの会
長く愛され続ける【ブログ講座】

中島雅美(りんごろ)自己紹介
♥無料ニュースレター 【LIVE LOVE LAUGH】
♥無料メール講座 自然に愛される大切な7つのエッセンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

人生に『恋』し、自分を『愛』でる。 キラキラを自ら溢れさせるハートにスタイリングし、 周りをもキラキラで溢れさせる。 お互いで癒しあい、分かち合う関係を深めることで  世の中は何倍も素晴らしく、人生は味わい深くなるという思いから 「正直に生きる」人のための感性を磨いている。