嫌いかたは愛しかた

思考を通らずに出ている言葉ってある。

昨日、
自分の口から出ていた言葉がありました。

嫌いかたは 愛しかた

そう。
嫌いかたも、自分の愛の陰の部分なのである。

人は寂しい思いや悲しい思いを
表現できなかったり、
言葉にして伝えることができない場合

想いの矛先を
「嫌い」や「憎しみ」、「怒り」に変えることがある。

本当は違うのに。

 

嫌われたと思うから、違う行動にでちゃうんだよね。
でもそれも確かめなきゃわからない。

確かめなきゃ、だめ

そして
嫌われたと思うんじゃなくて、
愛せないんだと自らハートを閉じることだと気づいた方がいい。

愛することは、
相手の言動がどうであれ、自分の気持ちだからね。
愛せるんだよ、いつまでも。

わたしが恐いな・・・と思うのは
「嫌い」をインターネットで表現すること。

ネットの循環パワーってすごいから!

自分の望みを表現したときの引き寄せ率も高いけれど
逆に
「嫌い」を表現した場合の拡散パワーも大きい。

「嫌い」をネットで表現するということは
そのエネルギーを大きくして自分に還すこと。

そんなことよりも
素直な気持ちを伝えるといいなとわたしは思います。

陰で言う悪口を陰口。 本人に言えるのは、意見

関係性を深めていくには「誠実さ」が大切

寂しかったから、
悲しくなったから、

強く言い過ぎてしまった。。。

仲良くしたかったのに、、、
ごめんね。

頭じゃなく、ハートに届くと
わたしは思う。




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で語る》
【9/22大阪・10/14東京】TALK SESSION・自己愛ワークショップです。



《カラダから宇宙に繋がる話》
感じきる!をこの人生で体験させちゃうTALK LIVEです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください