homeに還る

昨日、久しぶりに福岡の叔父からメールがきた。
その飾らない文面に、ホッとする。

周りの外のセカイで何が起こっていようと
自分を飾らずに、そのまま自然でいること。

母の弟、2人の叔父が、
人生を通してわたしに教えてくれていること。

ホッとする、寛ぐ、という
わたしの中のhomeに
じっくりと落ち着く時がきたな、と思ってもきた半年。

そのhomeからの発信、発展のための
わたしへのジュエリーを
今回はじっくりじっくりと 対話しながら選んでいて、、、

でも、パールのバングルは
何故かいちばんに選んでいたにも関わらず、まだいいかな、、、と置いていた。

後に、
選んでもらったジュエリーが
いちばんに選んでいたバングルだったことから
叔父に3年前に言われたことを思い出した。

雅美は尽くすから。
ワガママ言わないで尽くすから、、、
そこがダメなんだ。
尽くすのはいい、
ただ、ワガママも言うように。

と。

叔父の言うワガママとは
そのままのわたしを出せってこと。

自然なままを陰だけじゃなく
陽にも出せということ。

小さな時から見てるだけあって、ほんと見抜いてる。

 

ジュエリーも
いちばんに選んでおきながら
『まだいいかな』は変だよね。。。

またやったな、と思ったけれど
ありがたいと今思うのは、そのままのわたしを見る人も多くて

叔父のように
『ここ!』とhomeに戻す言葉と愛を自然に与えてくれる。

そんな
ホッとする場や寛ぎの場でわたしも在ろうと
リニューアルしたコーチング。

そこに今日来た方が引かれたカードは
『相手に対してあきらめていることは何ですか?』
だった。

なんかシンクロ???

問いかけが何であれ、
還るhomeは見えている。

飾らずに自然に。

を、再度わたしも、ハートに刻む時間になりました。

それでも
今、思い返しても
過去のワガママを言わなかった自分の在り方は
静かに自分の大切なことを、自分の中では貫いてきてもいて
それはそれで よくやってきたぞ♡と思えるのだ。

わたしはこうして過去を思い返しながら消化しているのであって
自らあきらめているのではない。

そして更に
自分を愛でよう、自ら自分の力になろう!と
ジュエリーを選んでいるし、選んでもらっている。

わたし自身が
わたしの中のhomeに
じっくりと落ち着いて叔父に会うとき
今度はわたしが、叔父に寛ぎを与えられると思う。

それは
苦かった過去をも
美しいhomeに変えられたということにもなる。

それがわたしの感じる、愛の循環=home。




♦INFORMATION♦︎

《素直に生きる》
素直さを引き出し、幸せを体験するLOVE講座です。



《本音で語る》
【9/22大阪・10/14東京】TALK SESSION・自己愛ワークショップです。



《カラダから宇宙に繋がる話》
感じきる!をこの人生で体験させちゃうTALK LIVEです。



《音に委ねる》
ありのままの自分で深いリラックス感へと沈みます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください